公演詳細
Event
発売中
  • 音楽

大和証券グループPresents 佐渡裕指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団 with 角野隼斗(ピアノ)

先行発売日
2/8(木)12:00~
一般発売日
2/24(土)10:00~
  • 電話
  • WEB
  • 窓口
概要

新音楽監督“佐渡裕”が贈る新日本フィル白熱のチャイコフスキー
進化し続けるピアニスト角野隼斗と待望の競演!!

ドラマティックな音世界に期待!

佐渡裕と角野隼斗のチャイコフスキー初共演

佐渡裕が新日本フィル音楽監督に就任後、初の全国ツアーが敢行され、チャイコフスキーの作品のなかでも、最も人気の高い≪ピアノ協奏曲 第1番≫&≪交響曲 第5番≫が披露される。
ソリストの角野隼斗は「Cateen(かてぃん)」名義でYouTuberとして広く知られ、NYにも拠点を構えて活動の幅をますます広げている。明晰なタッチから繰り広げられる角野の音楽は、鮮やかに脈打つリズムとともに、気品の漂うサウンドと高貴な情趣に満ちている。

2人は2022年12月に初共演を果たし、互いに信頼できる確かな感触を得た。佐渡は「次はクラシックの王道的な作品で共演しよう」と持ちかけ、その場でチャイコフスキー≪ピアノ協奏曲 第1番≫に決まった。流麗なメロディと凛々しい表情を湛えたチャイコフスキーの音楽は、角野にとてもマッチしている。一方、情熱をみなぎらせ、バランス感覚にも優れた佐渡裕も、チャイコフスキーを非常に得意としていて、今回の豪華共演ではドラマティックな音世界を豊かなサウンドで聴かせてくれるに違いない。

道下京子/音楽評論

【プログラム】

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 作品23

         交響曲 第5番 ホ短調 作品64

出演者
ⒸTakashi Iijima

指揮 佐渡裕

京都市立芸術大学卒業。故レナード・バーンスタイン、小澤征爾に師事。1989年ブザンソン国際指揮者コンクール優勝。パリ管弦楽団、ロンドン交響楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団等欧州の一流オーケストラに多数客演。オランジュ音楽祭「蝶々夫人」、トリノ王立歌劇場「ピーター・グライムズ」、「フィガロの結婚」などオペラ公演の実績も多数。現在オーストリアのトーンキュンストラー管弦楽団音楽監督、兵庫県立芸術文化センター芸術監督、シエナ・ウインド・オーケストラの首席指揮者を務める。CDリリースは多数あり、最新盤としてトーンキュンストラー管を指揮した18番目のCD<マーラー交響曲第3番>を2023年5月にリリース。著書に「僕はいかにして指揮者になったのか」(新潮文庫)、「棒を振る人生~指揮者は時間を彫刻する~」(PHP文庫/新書)など。2022年4月より「すみだ音楽大使」、23年4月には新日本フィルハーモニー交響楽団第5代音楽監督に就任。オフィシャルファンサイト > http://yutaka-sado.meetsfan.jp

ⒸRyuyaAmao

ピアノ 角野隼斗

1995年生まれ。2018年、東京大学大学院在学中にピティナピアノコンペティション特級グランプリ受賞。2021年、ショパン国際ピアノコンクールセミファイナリスト。これまでにポーランド国立放送交響楽団、ハンブルク交響楽団、ブダフォク・ドホナーニ管弦楽団、ボストン・ポップス・オーケストラNHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団等と共演。2018年9月より半年間、フランス音響音楽研究所(IRCAM)にて音楽情報処理の研究に従事。これまでにジャン=マルク・ルイサダ、金子勝子、吉田友昭の各氏に師事。さらにFUJI ROCK FESTIVALへ出演など、活躍の場はクラシックフィールドに留まらない。2020年、1stフルアルバム「HAYATOSM」をリリース、オリコンデイリー8位を獲得。最新作は、マリン・オルソップ指揮、ポーランド国立放送交響楽団とのライブ録音による「ショパン:ピアノ協奏曲第1番」。クラシックで培った技術とアレンジ、即興技術を融合した独自のスタイルが話題を集め、“Cateen(かてぃん)“名義で活動するYouTubeチャンネルは登録者数が130万人超、総再生回数は1億回を突破するなど、新時代のピアニストとして注目を集めている。CASIO電子楽器アンバサダー、スタインウェイアーティスト。

オフィシャルウェブサイト https://hayatosum.com/

ⒸK.Miura

新日本フィルハーモニー交響楽団

1972年、小澤征爾、山本直純の下、自主運営のオーケストラとして創立。97年、すみだトリフォニーホールを本拠地とし、日本初の本格的フランチャイズを導入。定期演奏会や特別演奏会の他、地域に根ざした演奏活動も精力的に行う。99年、小澤征爾が桂冠名誉指揮者に就任、歴代の指揮者には、初代音楽監督・小泉和裕(75~79年)、第2代音楽監督・井上道義(83~88年)、第3代音楽監督・クリスティアン・アルミンク(2003~13年)、第4代音楽監督・上岡敏之(16~21年)。ダニエル・ハーディングがMusic Partner of NJP(10~16年) 、インゴ・メッツマッハーがConductor in Residence(13~15年)を務めた。新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラの音楽監督に久石譲(2004年~) 、久石は新日本フィルMusic Partner(2020年~)も務める。受賞歴に三菱信託音楽賞奨励賞、三菱UFJ信託音楽賞、ミュージック・ペンクラブ音楽賞等。2023年4月より佐渡裕が第5代音楽監督に就任。街・ホール・オーケストラが一体となった音楽活動を行う。

公式ウェブサイト:www.njp.or.jp

公式ツイッター:@newjapanphil

公式Facebook:/newjapanphil

公式Instagram: /newjapanphil

会場

フェニーチェ堺 大ホール
※駐車台数が限られてます。公共交通機関をご利用ください。

料金

S席10,000円 A席8,000円 B席6,000円

※全席指定・税込
※未就学児入場不可 
※やむを得ない事情により、曲目・公演内容が変更になる場合がございます。
※車いす席は堺市文化振興財団チケットセンターでご予約ください。

sacayメイト先行
受付期間2月8日(木)昼12:00~2月13日(火)13:00
<S席:¥10,000にて販売>
抽選結果2月15日(木) 13時以降順次メール配信
※コンビニ決済を選択された方は、指定の期日までに決済手続きを行って下さい。
期日を過ぎますと当選が無効になりますので、ご注意下さい。
入金方法ファミリーマート店頭決済(手数料¥220/1件)、
セブンイレブン店頭決済(手数料¥220/1件)、
クレジット決済(手数料無料)
チケット引取り方法2/24(土)以降発券可能
ファミリーマート決済の方はファミポート引取(手数料¥110/1枚)、
セブンイレブン決済の方はセブンイレブン店頭引取(手数料¥110/1枚)、
クレジットカード支払いの方は上記に加え、公演当日会場引き取り(手数料無料)もお選びいただけます。
チケット購入方法
sacayメイトWEB
(要無料登録)
こちらから
堺市文化振興財団
チケットセンター
0570-08-0089(平日10:00~18:00 土日祝10:00~18:00) 
※一部携帯・CATV接続電話・IP電話からはご利用いただけません。
窓口販売♦下欄記載
窓口

※ 2/26(月)より受付開始(※ 各館の休館日・営業時間にご注意ください)
※ チケット残数がある場合のみ販売

フェニーチェ堺(南海高野線「堺東」駅 徒歩8分)

〒590-0061 堺市堺区翁橋町2-1-1
TEL/072-223-1000
販売時間 :9:00~20:00
休館日:第1・3月曜(祝日の場合は開館)、年末年始

栂文化会館(泉北高速鉄道「栂・美木多」駅前)

〒590-0141 堺市南区桃山台2-1-2
TEL/072-296-0015
(営業時間9:00~20:00 休館日:月曜日・年末年始)

東文化会館(南海電鉄高野線「北野田」駅 徒歩約2分 )

TEL/072-230-0134
(営業時間9:00~20:00 休館日:水曜日(祝日の場合は開館)・年末年始(12月30日~1月4日)・夏の点検)

美原文化会館(南海バス「美原区役所前」)

TEL/072-363-6868
(営業時間9:00~20:00 休館日:第2・4月曜日(ただし祝日は開館) 年末年始(12月29日~1月4日))

特別協賛

大和証券グループ

主催

フェニーチェ堺

お問い合わせ
フェニーチェ堺(堺市民芸術文化ホール)
TEL:072-223-1000